レンタルサーバーの再販とメリットについて

パソコン1

レンタルサーバーの再販は、ほとんどのサーバーでは再販が可能となっています。一部のサーバーでは、再販を認めていないところもあるようですが、条件を満たせば再販を可能としているところがほとんどのようです。また、レンタルサーバーを独自のツールとセットにして販売することで効率よく安定収入を得ることができるかもしれません。

そんなレンタルサーバーの再販についての定義や条件、メリットについて説明します。


レンタルサーバーの再販の定義と条件

レンタルサーバーの再販とは、自身が持っているアカウントやサーバー資源の一部を有償、無償問わず第三者に貸すことをいいます。再販は可能とするレンタルサーバーが多いですが、条件付きで再販が可能というレンタルサーバーもあります。

例えば、エックスサーバーでは基本的に再販を認めていません。しかし、不特定多数の人に再販しない、サーバーに多大な負荷をかけないなどの必要条件をクリアすれば、再販可能としています。クイッカでは、有償、無償を問わず再販を禁止していますが、別途契約を結べば再販が可能となる場合があるようです。

このように、レンタルサーバーの会社によって、再販が必要な手続きが異なります。

レンタルサーバーを再販するメリット

パソコン4

レンタルサーバーの再販のメリットとしては、自由に決めることができる部分が多いことです。サーバーによっては、初期費用がかからない、契約手続きが必要ない、独自のブランドとして再販することが可能、販売価格を自由に決めることができます。

レンタルサーバーを再販することで安定収入やセット販売をして効率よく再販するなどの方法もあり、ちょっとした商売として役立てることが可能です。レンタルサーバーの再販をしてみたいと思っても、どこからはじめたらいいのか分からないという人もいるでしょう。

その場合は、ホスティングリセラーやスピーデックスなどの再販用レンタルサーバーの会社もあります。これらの会社では、パートナー契約を結ぶことによって自由に再販することが可能となります。サポート制度も整っており、CSRの作成やインストールの手助けも会社で請け負ってくれるので負担が少ないのがメリットです。

独自で再販することが不安な人は、このようなサービスを利用してみてはいかがでしょうか。

レンタルサーバーの再販はそんなに難しくない

レンタルサーバーは、ほとんどのサイトが条件なしで再販することができます。原則として再販を認めていないサイトも条件をクリアすることで再販が可能とする場合が多いようです。レンタルサーバーを再販するにあたって面倒な手続きが必要ないことが多く、安定収入や独自のツールをセットで販売するなど、販路も幅広くとることができます。

レンタルサーバーを比較して、自分に合った方法で再販を考えてみてはいかがでしょうか。

参考資料>>後悔しないレンタルサーバーの選び方http://rentalserver.jpn.org/